女性蔑視やじ発言者、鈴木章浩都議謝罪

鈴木章浩都議、謝罪と会見

都議会における女性蔑視やじの発言者の一人鈴木章浩都議が、塩村都議への謝罪をし、会見も行いました。
今回のやじ問題は、発言者を擁護する一部著名人や有名ブロガーの発言などを見ても、日本の社会のあちこちに、人間個人の尊厳に対する低レベルな認識が残存することを、あぶり出す結果にもなりました。
その全てに言及することはできませんので、ここでは、鈴木都議の会見での解答に対する、疑問点を書き出します。
平たく言えば、「ツッコミ」を入れて行きます。

szkkikn会見記事はこちらから一部を引用いたしました。
全文は時事ドットコム→【「セクハラやじ」で謝罪~鈴木都議が会見~】

議員辞職は否定

※以下本文内グレー字は当サイト編集担当者の加筆や説明
赤茶字は当サイト
紫字は当サイト編集担当者のコメント

 

(冒頭略)

(記者質問、以下同)──自民党の会派は離脱したが、議員は続けるのか。20日に(鈴木)議員は「(やじが)辞職に値する」という考えを示している。

(鈴木都議、以下同)そうさせていただきたい。謝罪が遅くなったのは「早く結婚すればいい」とか「子どもを産めないか」とか、さまざまな発言が取り上げられた。「それが誰なんだ」という話がある中で、謝罪、話をする機会を逸してしまった
その部分でも、もっと早くけじめをつけたかった。申し訳ない。(「辞職に値する」との)発言は記憶にないが、反省している。

つい先週インタビューに応じていながら、機会を逸したというのは到底無理な言い逃れと言わざるを得ません。しかも「発言は記憶にない」とのこと。これが通用するようでは、都議という公人の言葉のあまりの軽さに愕然とします。
szihti

(続き)

──「子どもを産めないのか」との発言をした議員を特定してほしいと塩村議員は指摘している。

私は他の発言を確認していないが、騒がしいなという感じはあった。私の発した言葉が引き金となって、あのような騒動になった。このような状況を払拭(ふっしょく)するため、都議会の正常化のため、頑張りたい。

この座席票でも分かるとおり、鈴木章浩都議の座席は《中央部の最後列から2列目、右から2番目》。演壇の塩村都議にまで聞こえる声が、自席の周辺で発せられた声が聞こえないわけがありません。Lv.1_up45930

今後もやじを飛ばす?

──国内だけでなく、国際的にも大きな問題になった。

配慮を欠いた発言が大きな問題になった。6年後のオリンピック・パラリンピックを控え、正常化のために頑張っていかなくてはいけない。

これには大変怒りを覚えます。「オリンピック・パラリンピック」がなければ「頑張らないのか」。
そもそも、子育て支援という大きな問題の質問中に、侮辱的なやじを飛ばしたにも関わらず、その質問の主人公である、「子育てが難しい都内において、支援を必要とする女性、またその家族」をここまで「蚊帳の外」においた答えがあるでしょうか?

自分が侮辱し、傷つけた対象の方を見ていない謝罪が、謝罪といえるでしょうか?

──発言の理由は?

塩村議員を誹謗(ひぼう)する言葉ではなく、少子化、晩婚化の中で早く結婚していただきたいという思いがあり、軽率な発言になってしまった。ただ、結婚したくてもできないとか、さまざなな女性がいらっしゃる中で、本当に配慮を欠いた発言だった。本当に申し訳なく思っている。

この答えは「全ての女性(人間)は、結婚したいと思っているはずだ、できないのは何か理由があるに違いない」という、思い込みがあるのではないでしょうか。他者の「自由意志」への想像力と、それへの尊重に対して、非常に感覚が鈍いと言わざるを得ません。

(以下略)


当サイトは現在、舛添知事の、主に女性政策をウォッチングしていくことを目的としていますので、これ以上の批判や感想は控えたいと思います。

これまで当サイトでも指摘してきた通り、舛添知事もかつては強固な女性蔑視感を抱えた強烈なセクシストでした。
今回のこの件に関しては、公式にやじを批判していますし、今現在もかつてのような女性蔑視感を抱いているのかどうかは分かりません。
しかし、知事に就任した今、自らの足元の都議会にも、このような悪しき旧弊が残っており、議会運営も妨げている、女性という存在を著しく侮辱しているということをはっきりと認識し、都政に活かしていただきたいと思います。

 

都議会女性蔑視やじへの舛添知事のコメント

snke140621知事定例会見書き起こしから抜粋

舛添知事定例会見で、都議会における女性蔑視やじに対する、舛添知事からのコメントがありました。
産経新聞に詳報が出ましたので、一部抜粋してご紹介いたします。

※本文内グレー字は当サイト編集担当者の加筆や説明

 

(記者、以下同じく)--今週開かれた都議会の一般質問でみんなの党会派の塩村文夏議員が一般質問をしているときに、「早く結婚した方がいい」などといった野次が飛んだと思うのですけども、知事もその議会にいらっしゃって、どのように感じられたか、またどのように受け止めておられるか、お聞かせいただけますか

(知事、以下同じく)まず、ああいう品位のない野次は断じて慎むべきだと思います。それから、都議会のみなさん方が良識に従って、これはきちんと対応される。知事がどうしろ、ああしろというような権限があるわけでもありませんし、議会の話ですから、議会がしっかりとやっていただきたいと思っております」

このように、まず知事はやじに対する批判を述べました。建前的な解答だったとしても、過去の知事の女性に対する発言を思えば、変化したと思います。
都知事選において、過去の問題多き女性関係や実子への接し方、女性蔑視発言などの洗い出しが市民や各メディアによって行われ、それらへの批判の声を受けたことが、このような変化のきっかけとなったのかもしれません。
このことは、女性に限らず全ての都民にとって喜ばしいことと思います。歓迎いたします。

--私も上から見ていたましが、ひとりそのような発言があったときに、ざわついて笑い声がしていて、何人かが笑っていたんですけども、知事も笑っていたようにうつったんですが、その時の状況をどういう形だったのか説明していただけますか

「あのですね、知事席に座ります。あなた見ていればわかりますが、私が何やっているかとっていうのは、一言一句、聞き漏らさないために、質問者の方をずっと見ています。
(中略)
私がここにいて、質問者がいて、そっち見ていますから。まったくわからないんです。そして、議員がにこっと笑われたんですよ。私は誰かが面白いことをおっしゃったので笑われたのかなって、同時ににやっと笑ったので、私もあれ何か楽しいことがあったのかなと思って、笑みを浮かべた、それだけの話です。

(中略)

--確認で、品位のない話があったというのは、あとの報道で気づいたということ

「そうです。そうです。あとで言われて、聞きましたので、そういうことは慎むべきだということです」

(中略)

--(略)議会のあり方そのものについて緩んでいるなという雰囲気は感じられますでしょうか

「あの、何度も申し上げますけども、私は議会のあり方にとやかくいう立場にありません。
(以下長くコメントが続くのでまとめると、かつて自らも議員であった国会と都議会の仕組みは違う、都知事は議会についてとやかく言える立場にない、まだ2回目の都議会なので、緩んでいるいないと言うだけの資格はない、との説明)
私がどうだこうだと今、判断できるだけ材料もあんまり今ないと思いますけども、少なくとも、ああいう今問題になっているような女性の尊厳を傷つけるような野次っていうのは、これは断じてやるべきではないと、そのことは明確に申し上げておきたいと思います」

--関連質問です。塩村議員は発言した議員を議長宛に今朝提出されました。同時にみんなの党の党本部から野次を発した議員の辞職の申し入れ書も提出されたということなんですけども、こちらについてはどのように受け止められますか

都議会のことは、都議会が決めていただきたい。それだけです。私の方からとやかくいう話ではありません」

(中略)

--野次についてなんですけども、オリンピックを控えた東京のイメージにも大きく関わる問題だと思うのですが、その点についてはどのようにお考えでしょうか

「あの、だから、先ほど申し上げたように、野次でも、ま、あんまり、覚えていないので、こういう野次がいいという例はないけども、みんなが思わずにっこり笑う野次であるとか、よくぞそれを言ったなというような野次は、けっこう国会議員のときもありましたですね。だから、そのときは誰も文句は言わない。だけど、少なくとも、女性の尊厳を貶めるというのは、私もあとで報道で全部その中身を知ったんですけども、そのときは聞こえなかったから、それは断じてで許すべきではないし、オリンピックの憲章というのは、私が議会で他の方の質問に答えましたけども、ヘイトスピーチやったり、ある一定の人を貶めたりと、そういうことがなく、多様性で、共生社会を目指すんだということを、それをスポーツを通じてやろう、文化を通じてやろうと言っているときに、そういうやっぱり発言が出るというのは、私は恥ずかしいことであるし、これからは謹んでもらわないと、東京を世界一で、東京の魅力を世界に発信すると、先ほど言ったように、一生懸命東京の食材を使って、おいしいものを食べさせたって、なんだ片一方でこんなことをやっているんじゃないかと言われるのは、非常に心外だと思いますので、これはみんなで気を付けながらやっていくし、私は先ほど言ったように聞こえなくて、後でみなさんの報道で知ったんですけども、報道のみなさん方にも、しっかり監視役をまた続けていただきたいと思います」

(以下略)

 

恥ずべき「ヘイトスピーチ」を許さない具体策を

議会にとやかく言える立場にない、自分にとってはまだ2回目の都議会なので、緩んでいるいないと言える資格はないという、視点を新米知事の立場に絞ったコメントには、一理あるのかもしれません。
しかし、それだけですませていてよいのでしょうか。

今回のやじは、都議会運営上だけの問題ではありません。
都議会の真っ最中に、有権者に選ばれ、都民(当然半数は女性です)の生活に大きな責任を負っているはずの都議が、女性の在り方生き方、支援を要する事柄に対し、差別意識に満ちた個人的な感情で揶揄し、ある特定の生き方を押し付けるかのような発言をしたわけですから、公の場で女性の人格や人権を蹂躙したという大問題でもあるからです。
また、数人のそのような行動を、さらに大人数の集団で隠蔽しようとしているという「イジメ」そのものといっていい構造を見せ始めています。
このような状況に対して、議会運営と都知事という視点ではなく、一人の人間としてどのように解釈するのか、許すのかについても、もっと明確に知事の考えを聞きたく思います。

しかし、この会見において、ひとつ注目すべきコメントが引き出せていると思います。それは赤字にもしていますが「ヘイトスピーチ」という言葉を知事が使っている点です。

塩村都議への女性蔑視やじに関する質疑応答の流れの中で、「ヘイトスピーチ」という言葉が出てきたということは、知事はあのやじが「ヘイトスピーチ」の性格を持つと認識している、ということではないでしょうか。

また知事は、「ヘイトスピーチやったりある一定の人を貶めたりは、恥ずかしいこと」との認識もはっきり示しました。
恥ずかしいことと思う。ではどうするのか。女性蔑視に限らずヘイトスピーチを恥ずかしいことと思うなら、知事はその恥ずべき行為が、都を始め日本のあちこちで増加しつつある現在、知事として都として具体的に何をしていくのか、言葉だけではなく、今すぐに行動を起こしていただきたいと思います。

塩村あやか都議へのセクハラやじ、知事はどうする?

子育て支援問題の質問中に女性蔑視のやじ

東京オリンピックカヌー会場変更の可能性を示唆するなど、評価すべき動向も見せていた舛添知事ですが、6月18日に都議会で生じた、塩村あやか議員へのセクハラやじ、知事はどう対応するつもりでしょうか。

詳しい経緯は、音喜多都議のブログなどにも書かれていますが、この問題は塩村あやか議員のツイートからインターネット上で周知され始めました。(画像はスクリーンショット)

https://twitter.com/shiomura/status/479237918519590913 somr

都議会での初の一般質問。妊娠、出産に関わる不妊など女性の悩みについて質問中に「お前が結婚しろ!」「産めないのか?」など、大変に女性として残念なヤジが飛びました。心ない野次の連続に涙目に。政策に対してのヤジは受けますが、悩んでる女性に対して言っていいとは思えないです。

 

さらに詳しい状況はみんなの党・音喜多都議のブログに書かれています。
http://otokitashun.com/blog/togikai/3598/
otkt
以下、当該ブログより引用。

まず始めに書きますが、怒っています。
すごく。

本日の一般質問で、塩村あやか議員が登壇しました。
彼女はその中で、東京都では晩婚化が進んでいる現状を説明し、
都の結婚・妊娠・出産に対する取り組みについて鋭く指摘していました。

その中でなんと、議場からとても大きな声で

「そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのかっ!!」

という、信じられない野次が飛んだのです。
議場の一部は笑いに包まれ、舛添知事も少し笑っていました。
僕は見てましたよ、しっかり。

さらに、私の席までは聞こえませんでしたが、
本人によると

「子どもは産めないのかっ!!」

という野次まであったそうです。
言うまでもなく重大なセクシャルハラスメント、差別発言です。

あまりの発言内容に、本人の言葉も一瞬止まってしまいましたが、
気丈にも最後まで質問を述べた彼女は、憔悴しきった表情で降壇しました。
本人は、相当ショックだったと思います。

選挙のときに、有権者の前では

「女性の社会進出を促進します!」
「子育て支援にしっかりと取り組みます!」

と言っている議員たちが集まる議会で
このような野次が飛び、それを笑う議員が大勢いる。
それが我が国の首都、東京都議会の実態です。

「女性は結婚・出産をして一人前」
「それもできないヤツが、ウダウダいうな」

これが多くの保守系といわれる
古い男性政治家たちの本音なのでしょう。

ブログはまだ続きます。
このサイトは舛添知事の動向に注目しているサイトですので、途中のこの一文に注目したいと思います。
「議場の一部は笑いに包まれ、舛添知事も少し笑っていました。」
あまりの品位のなさ、知性のかけらも感じられない様子に寒気がします。

子育て支援の質問中に、全く無関係な質問者のプライベートを大声で揶揄し、嘲笑し、それに付和雷同する意志なき愚かな人々。それを表情でとがめることすらせず、「少し笑って」やりすごす都知事。
このような悪しき古い感覚の、主に男性たち(女性もいたかもしれません、そのような男性に同調する女性は存在します)に、世界的に見ても妊婦や母親に冷淡な日本で、さらに最も子育てがしにくいと言われている東京で、女性の立場に立った、女性個人の生き方を尊重できる、これからの時代に適した女性政策が進めて行けるのか。
大いに疑問です。

署名キャンペーンのご紹介

早くも発言議員に処分を求める署名が立ち上がっていますので、ご紹介いたします。(画像はスクリーンショット)symi_togi
http://www.change.org/ja/キャンペーン/自民党東京都連-私たちは-都議会本会議内で女性差別発言をした自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう-自民党東京都連に対して強く求めます

 

BBC radio: Tokyo women declare ‘sex strike’ during governor vote

Japan Times journalist Jake Adelstein told BBC Radio 5 live’s Up All Night: “There’s a huge gender gap, and he kind of personifies the gender gap.”

以下にいくつか要旨を。(原文は末尾にあります)
・「舛添に投票する男とセックスしない会」が舛添の様々な発言を紹介しているが日本の主要メディアはこの問題を報じていない
・(「それは男性社会だからか?」というBBCの質問に対し)日本には「男尊女卑という言葉があり、132カ国の中でも108位
※男女平等(ジェンダー・ギャップ)指数ランキング(2013年)によれば105位 The Global Gender Gap Report 2013 (編者注)

【文字書き起し】

Jake: He has numerous problematic statements in the past. The most problematic was that women were not suited to have public office because they menstruate once a month and during that period they are abnormal and uncapable making decisions. He said most of the women win elections are old unneeded hags, and he blagued about cutting welfare for single mothers.

BBC: Are there no women’s groups or feminist groups outraged by this?

Jake: There are, and there was a disputed campaign with website titled “we won’t have sex with men that vote for Masuzoe” that clacked all the idiotic things he said over the years, but the mainstream Japanese media ignored it, so it was taken up with great humor by the west. And he won, by not a landslide but by a good deal.

BBC: Is it because there is an underlying misogyny in Japan or because it’s a man’s world there that they can’t get away with?

Jake: Well, there’s a phrase in Japanese called “Danson-Johi” (respect men, look down on women), and in terms of gender equality, in overall 132 countries Japan ranks 108. There’s a huge gender gap, and he kind of personifies the gender gap.

最新情報

舛添要一氏の女性蔑視発言を報じた海外メディアリスト
Repubblia TV(和訳はこちら)・ジャパンタイムス(和訳はこちら)・アルジャジーラガーディアン ルモンド TIME  France24  Business Standard news24  NewVision   The World Post  9 news world  News.com.au
他、もう更新が追いつかないので、見つけた方コメント欄に投稿お願いします!

【2014年2月14日】ボランティアでBBCラジオでの報道を書き起こして下さった女性がいました。こちらに掲載しました。
【2014年2月10日】日刊ゲンダイ TIMEの写真入りで報道→ (舛添の差別発言には)世界が呆れている…英ガーディアンやタイム、ルモンド、アルジャジーラなど世界中のメディアで報じられたからだ。0211gendaimasuzoe

・【2014年2月9日】舛添氏の当選を受けたリリースを発表しました。
change.org  での署名もご協力下さい。
BLOGOSに掲載されました。
ニコニコニュースに掲載されました。

KIMG1023・日刊ゲンダイ(右)に掲載されました。
・東京都市大学名誉教授・青山貞一さんが相談役を引き受けて下さいました。
・change.orgで「女性蔑視の発言をただちに撤回し、全女性に対して謝罪してください」を行っている男性の皆さんと共同で、舛添要一選挙事務所に署名を届けました。プレスリリース
立ち上げ記者会見の様子はこちら

 

「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」立ち上げ記者会見は終了しました。海外メディアも含め、十数社のメディアが集まりました。詳細・掲載記事はこちら

 

舛添要一氏当選を受けて|舛添氏の数々の問題点が知られないままでいたことが残念、なぜマスメディアは報じなかったか?

2014年2月9日 20:12
舛添要一を都知事にしたくない女たちの会

 舛添要一氏当選を受けて
舛添氏の数々の問題点が知られないままでいたことが残念
なぜマスメディアは報じなかったのか?

舛添要一氏当選の報を受け、驚き、そして残念な気持ちでいっぱいです。

私たちはせいいっぱい、同氏が、「福祉の舛添」と言われながら、「消費税は10%以上に/ヤツらは金をもっている/日本の預貯金の半分はジジババが持ってんだよ/消費税上げたら年寄りからも取れるんだよ/ばらまき福祉のようなものはばっさり」など、あまりにひどい女性蔑視、貧しい人やお年寄りに対する差別発言をくりかえしてきた事実を指摘しました。

http://masuzoe.wordpress.com/2014/02/04/words/

私たちの問題提起は、海外では、ガーディアン、ル・モンドをはじめ、多くのマスメディアが報じました。しかし、残念ながら国内では一部の独立系メディアが取り上げるのみでした。

また、舛添要一氏をめぐっては、ここに来て新党改革の立ち上げのとき、政党助成金2億5,000円を借金の返済にあてたり、また、選挙期間中に演説会に来場した有権者に五輪バッチを配布したりした問題が、日刊ゲンダイなどで報道されています。

http://gendai.net/articles/view/news/147802

マスコミはこの点をしっかりと取材し、報道するべきではないでしょうか?

これらの問題を知らないまま、同氏に投票した有権者はたくさんいたでしょう。
たいへん残念です。

私たちは今後も、ゆるやかな連携を保ちながら、舛添氏が都知事として何を言うか、何をするのかを、厳しくみていきたいと思います。

また、次回の都知事選に向け、よりよい都知事の誕生に向け、他のグループと連携しながら歩んでいきたいと思います。

以 上

問い合わせ先:090-6142-1807

 

Repubblia TV(イタリア)の日本語訳

Tokyo: sciopero del sesso contro il governatore の和訳です。映像はこちら

日本の元厚生労働大臣である舛添要一にとって、数日後に迫った選挙戦は決して簡単なものではない。東京の首長を選ぶこの選挙の候補者である彼に対し、「セックス・デモ」という非常にユニークな反対運動が起きているからだ。

これは日本のある女性団体が起こした運動で、強い男尊女卑思想を持つ舛添要一氏に投票する男性に対し、性的交渉を拒否するという意志表示を行っている。
アキコ・ヨシダは「いまだに続く男尊女卑思想に反対するべく、そのような思想をもつ舛添氏への反対の意思表示のために、このようなユニークな方法をとっている」と話す。この団体にはおよそ3000人の女性が賛同しており、日曜に控えた選挙戦にどのような影響を及ぼすかが注目されている。