税金の違法使用疑惑

各種メディアでの過去の情報をまとめます。テキストはリンク先または明記のソースから一部抜粋させていただきました。

==================

政党助成金で借金返済

akahata◉しんぶん赤旗2014年1月21日 掲載
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-21/2014012115_01_1.html
(画像はスクリーンショット)

引用:東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への立候補を表明している舛添要一元厚生労働相が結成した「新党改革」が、借金返済に使うことを禁じられている政党助成金や立法事務費で借金返済を行った疑いがあることが20日、本紙の調べで分かりました。舛添氏は、借金返済時の同党代表。猪瀬直樹前知事の「徳洲会」グループからの5000万円提供問題で「政治とカネ」の問題が争点となっている都知事選で、舛添氏の資格が問われます。(引用ここまで)

舛添氏が結成した新党改革は、2億5000万円の銀行からの借り入れを受けていますが、この借金返済に、政党助成金を違法に使用したのではないかとの疑惑が持ち上がっています。リンク先のしんぶん赤旗に詳細がありますが、簡単に金額的なことだけを説明すると、

【政党助成金に関する違法使用疑惑】
2010年:新党改革が2億5000万円銀行より借り入れ

2010年:1億5000万円返済
2011年:5200万円返済
2012年:4800万円返済
★政党助成法では、政党助成金を借金の返済に使うことを禁じている。

【立法事務費も?】
国会内の各会派には、議員の数に応じて支給される、「立法事務費」というものがあります。これは「国会議員の立法に関する調査研究の推進に資するための必要な経費」とされており、借金返済に充てることは目的外使用です。
舛添氏の新党改革には1560万円が毎年支給されています。

【税金以外の収入で、同党が借金返済をするのは不可能】
同党の税金以外の収入は
2011年:2570万円
2012年:1500万円
にすぎません。
このため、政党助成金や立法事務費などの税金を流用しないかぎり、2億5000万円もの借金を返済することは不可能と思われます。

【資金管理団体への迂回で資金操作?】
舛添氏は金額から見て不可能であるはずの借金返済を、
政党支部への寄付→資金管理団体への迂回→同党に還流
という手段で、行ったのではないかとの疑惑が持ち上がっているわけです。

==================

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中