ジャパンタイムスの和訳

ジャパンタイムス掲載の
Women warn of ‘sex strike’ if men pick top Tokyo governor candidate Masuzoe」の英訳です。

なお、末尾にアクセス数や署名数に関する記述がありますが、2月8日午前7時時点での最新数は:賛同数が3670、サイトアクセスは15万に上っています。

********

東京の女性たちが、が、日曜日に投票が行われる東京都知事選でリードする舛添候補が1989年に「生理があるので女性は政治に向かない」との発言に抗議し、セックス・ボイコット(パートナーとのセックスを拒否する非暴力抗議行動)をはじめた。

「舛添要一に投票する男とセックスしない女達の会」と名乗り、ツイッターで拡散する東京拠点のキャンペーングループは、先週スタートしてすでに約3000人がフォローしている。

誰が立ち上げたかはわからないが、プロフィールでは、「女性に対してそのような侮蔑的な発言をする舛添候補に抗議するため立ち上がった。舛添氏に投票する男性とはセックスをしない」とある。

舛添候補(65歳)は、2001年に政治の世界に入る以前、テレビのトーク番組で有名になった政治学者で、ジェンダーの役割分担に対して非常にはっきりしたスタンスで知られている。

1989年、舛添氏は男性誌で、女性は生理のときイラつくので政府の重要レベルに女性を起用するのは適切ではない、と語っている。「女は生理のときはノーマルじゃない。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない」と舛添候補は述べている。

東京都知事選の16人の候補者はすべて男性で、その多くが60代もしくはそれ以上である。

さらに、別の舛添候補が都知事になることに抗議するグループが、水曜日にサイトを立ち上げた。このサイトには、1日で75000のアクセスがあり、2800人が署名している。

「舛添氏は女性の敵。彼は日本を愛していない。愛しているのは自分だけだ」とコメントしがあり、ツイッター・キャンペーンでは、「私は高齢の男性ですが、舛添氏の考え方は許せない」との投稿も。

高学歴であっても、日本の女性の多くは、子どもができたら仕事を辞めて家事や育児をするという社会的圧力が強く残っている。

重要な政治的ポジションに就いている女性は非常に少なく、安倍内閣の19人の大臣のうち2人だけであり、企業の重役は男性に支配されている。

先月のスイスのダボス会議でのスピーチで、安倍首相は2020年までに、指導的地位に占める女性の割合を30%にすると掲げた。しかし、ほとんどの出席者は、この目標は達成できないとみている。

ジャパンタイムスの和訳」への2件のフィードバック

  1. 6日の立ち上げ会の席上どなたかが東京都の以前の選挙で不正があるとの指摘をされて居ましたがこの回の本来の趣旨から少し外れているとのことで発言を
    完結されていませんでした。徳に自民党、公明党の組織票につき今回の都知事選でも 東京都23区すべて自動読み取り機ムサシ一社が独占利用される点
    再び不正が行われる可能性あること懸念します。選挙の開票作業に従事される
    女性スタッフ、volunteersに対し 開票プロセスの環視と情報提供呼びかけて
    おく事有益かと思います。ご検討下さい。この戦いはすぐに終わらない可能性も
    あるので 持続的followも合わせご検討下さい。頑張ってください。
    男性高齢者より

  2. ピンバック: 最新情報 | 舛添要一を都知事にしたくない女たちの会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中